スポンサード リンク

Posts Tagged ‘ウィガン・アスレティック’

【2012/13 プレミアリーグ第37節】ウィガン・アスレティック戦 試合レビュー

 

中途半端な曜日での開催でしたので、見事に見落としていました・・・。

結果のみのお伝えになります。

 

結果的には勝利して、チェルシーvsトッテナムのドローもあって

4位となり、このままで行けばチャンピオンズリーグ挑戦権を得ることが

できそうですね。

 

【スターティングメンバー】

GK 1 ヴォイチェフ・シュチェスニー
DF 3 バカリ・サニャ 4 ペア・メルテザッカー 6 ローラン・コシールニー 28 キラン・ギブス
MF 7 トマシュ・ロシツキー 8 ミケル・アルテタ 14 セオ・ウォルコット 16 アーロン・ラムジー
19 サンティ・カソルラ
FW 9 ルカス・ポドルスキ

 

【試合結果】

アーセナル 4-1 ウィガン・アスレティック

 

 

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



スポンサード リンク

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2013年5月16日 at 6:47 PM

Categories: アーセナル, プレミアリーグ, 試合レビュー   Tags:

【2012/13 プレミアリーグ第18節】ウィガン・アスレティック戦 試合レビュー

 

この日はウォルコットをトップに据えての布陣となりました。

これは、週給10万ポンドと言われている契約延長交渉に向けてのメッセージなのか?

ちなみに、ウィガンの宮市亮はこの試合は負傷で欠場しております。

 

【スターティングメンバー】

GK 1 ヴォイチェフ・シュチェスニー
DF 3 バカリ・サニャ 4 ペア・メルテザッカー 5 トーマス・フェルマーレン 28 キラン・ギブス
MF 8 ミケル・アルテタ 10 ジャック・ウィルシャー 19 サンティ・カソルラ
FW 9 ルカス・ポドルスキ 14 セオ・ウォルコット 15 アレックス・オックスレイド=チェンバレン

 

試合は、両チーム決定的な場面は少なかったものの、見所は結構あり締まった展開になります。

特に、ウィガンのゴール前での選手の密集はすごく、シュートまでなかなか至らないものの、

アーセナルが強引にこじ開けようとする姿が目立ちました。あとはチェンバレンが再三突破を

試みるも、あと一歩のところで阻止されます。

 

いい試合展開に水をさしたのが、主審のジャッジング。56分にボセジュールがウォルコットを

倒したとしてPKが与えられましたが、正直ガナーズの私からしてもアレはPKじゃないでしょう・・・。

このPKをアルテタが決めて先制点をゲット。

 

この判定以外でも、一度ピッチを離れるように指示した選手を、プレーが切れるまで入れさせなかったなど、

ちょっと試合を壊しかねないジャッジが続きました。

 

試合はアーセナルが勝利。暫定ながら3位に浮上するなど、やっと勢いを取り戻したかなぁと思います。

 

 

【試合結果】

ウィガン・アスレティック 0-1 アーセナル

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2012年12月23日 at 11:09 AM

Categories: アーセナル, プレミアリーグ   Tags:

【2011/12 プレミアリーグ第34節】 ウィガン・アスレティック戦 試合レビュー

 

意外な試合展開が待ち受けていました・・・。

 

【スターティングメンバー】

GK 13 ヴォイチェフ・シュチェスニー

DF 3 バカリ・サニャ 5 トーマス・ヴェルマーレン 11 アンドレ・サントス 20 ヨハン・ジュルー

MF 7 トマシュ・ロシツキー 8 ミケル・アルテタ 14 テオ・ウォルコット 17 アレクサンドレ・ソング 30 ヨシ・ベナユン

FW 10 ロビン・ファン・ペルシー

 

【試合経過】

 

2分 アーセナル ヴェルマーレンが思い切って前線まで上がってきてのミドルシュートは外れる。

 

5分 アーセナル サニャのクロスにベナユンが頭で合わせるも、アル・ハブシがセーブ。

 

7分 ウィガン アーセナルのコーナーキックのカウンターから、マッカーシー→モーゼス→ディ・サントと繋がって、ディ・サントが

スチェスニーを交わしてゴールに流しこみ先制。

 

8分 ウィガン 右サイドでモーゼスがサニャを交わしきってグランダーのクロス。これにヨルディ・ゴメスが一度はスチェスニーが

セーブするもこぼれ球を押しこんで追加点。

 

開始10分も立たない段階で2失点・・・。嫌な入り方をしてしまいます。

 

15分 アーセナル ロシツキーのクロスからベナユンの浮き気味のヘディングシュートはアル・ハブシがセーブ。

 

20分 アーセナル ロシツキーがモーゼスを交わしてクロス。これにヴェルマーレンが合わせてゴール!!

 

25分 アーセナル ロシツキーが、ファン・ペルシーとのワンツーで抜け出てシュートはイージーボールとなってしまう。

 

1点追いつかれたものの、ウィガンは自信を持ってセンターの守備を固めます。アーセナルはなかなか崩せず、サイドからの

攻撃で揺さぶりをかけます。

 

52分 ウィガン モーゼスがサニャを交わしてシュートはスチェスニーがセーブ。

 

プレミアリーグ最高のサイドバックとの評価を得つつあるサニャと、互角以上の勝負をしていたモーゼス。

まだ若くオリンピック代表入りの可能性も残しております。

 

57分 アーセナル ロシツキーのスルーパスからファン・ペルシーが抜け出て鋭いクロス。これをアンドレ・サントスが合わせて

シュートは外れる。

 

58分 ウィガン スローインからモーゼスがフリーになってスチェスニーと1対1になるも、慌ててしまいシュートを選択してしまい、

スチェスニーがセーブ。

 

単調な攻撃に終止するアーセナル、ジェルビーニョ投入しますが、流れが変わりません。

74分にチェンバレンを投入して、やっとペースを変えることに成功しますが、フィニッシュまではたどり着けません。

 

試合は1-2で敗れました。これで、チャンピオンズリーグのストレートインである3位の座が危うくなってしまいました・・・。

Jスポーツの解説陣(倉敷保雄氏、粕谷秀樹氏)も言及していましたが、アンドレ・サントスの球離れの悪さがこの試合は

目立ってしまいましたね。

 

【試合結果】

アーセナル 1 - 2 ウィガン・アスレティック

 

【得点者】

アーセナル 21分 ヴェルマーレン

ウィガン 7分 フランコ・ディ・サント
8分 ヨルディ・ゴメス

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2012年4月17日 at 9:18 PM

Categories: プレミアリーグ, 試合レビュー   Tags: ,