スポンサード リンク

Posts Tagged ‘ストーク・シティ’

【2014/15 プレミアリーグ第21節】ストーク・シティ戦 試合レビュー

 

この試合、エジルとウォルコットがベンチ入りし、徐々にけが人が復活している中、

スチェスニーがサウサンプトン後に愚行を働き、オスピナがスタメンで出場しています。

 

【スターティングメンバー】

GK 13 ダビド・オスピナ
DF 2 マシュー・デブチ 4 ペア・メルテザッカー 6 ローラン・コシールニー 18 ナチョ・モンレアル
MF 7 トマシュ・ロシツキー 19 サンティ・カソルラ 34 フランシス・コクラン
FW 12 オリヴィエ・ジルー 15 アレックス・オックスレイド=チェンバレン 17 アレクシス・サンチェス

 

 

試合は、アーセナルがテンション高く飛ばします。5分には、キレキレのロシツキーが

ドリブル突破からシュートはベゴヴィッチがセーブ。それで得たコーナーキックで、

コシェルニーがドフリーとなってヘディングシュートを決めて先制。

 

その後も、アレクシス・サンチェスが絶好調で、2得点を決める大活躍!!

点差が開いて、後半にはエジルとウォルコットを試す余裕も生まれて、

試合は3-0で快勝。

 

ただ、マシュー・デブチが広告板に激突して脱臼。

本当にうまくいかないものですね・・・。

 

 

【試合結果】

アーセナル 3-0 ストーク・シティ

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



スポンサード リンク

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2015年1月12日 at 7:14 PM

Categories: アーセナル, プレミアリーグ, 試合レビュー   Tags:

【2013/14 プレミアリーグ第28節】ストーク・シティ戦 試合レビュー

 

ホームで絶対的な強さを誇るストーク・シティ相手。

エジルはベンチスタートとなっています。

 

【スターティングメンバー】

GK 1 ヴォイチェフ・シュチェスニー
DF 3 バカリ・サニャ 4 ペア・メルテザッカー 6 ローラン・コシールニー 28 キラン・ギブス
MF 7 トマシュ・ロシツキー 8 ミケル・アルテタ 9 ルカス・ポドルスキ
10 ジャック・ウィルシャー 19 サンティ・カソルラ
FW 12 オリヴィエ・ジルー

 

 

ストークの守備に手こずる場面が目立ちます。全体的にミスも多く、

チャンスらしいチャンスはなし。

 

後半もその流れは変わらず。エジルを投入しますが、決して効果が

あったとはいえず。76分にPKを献上し、これを決められての敗戦・・・。

 

こういった試合で負けないことが重要なのですが・・・。

 

【試合結果】

ストーク・シティ 1-0 アーセナル

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2014年3月2日 at 1:11 PM

Categories: アーセナル, プレミアリーグ, 試合レビュー   Tags:

【2013/14 プレミアリーグ第5節】ストーク・シティ戦 試合レビュー

 

カソルラが思っていた以上に早く復帰、そしてヴェルマーレンと共にベンチスタート

となったのですが、一方でウォルコットが欠場でセルジュ・グナブリーがスタメン出場

を果たしております。

 

【スターティングメンバー】

GK 1 ヴォイチェフ・シュチェスニー
DF 3 バカリ・サーニャ 4 ペア・メルテザッカー 6 ローラン・コシールニー 28 キラン・ギブス
MF 11 メスト・エジル 16 アーロン・ラムジー 20 マシュー・フラミニ
FW 10 ジャック・ウィルシャー 12 オリヴィエ・ジルー 44 セルジュ・グナブリー

 

試合は5分に、絶好調のラムジーが先制ゴールを挙げる絶好のスタート。

その後もチャンスを創りだすものの、26分に何度かピンチを迎えて、最終的には

ジェオフ・カメロンに決められて同点に。

 

ただ、大きく慌てることなく、エジルが何度も攻撃を組み立てます。そして36分、

セットプレーからメルテザッカーのゴールが生まれて1点差に。

 

後半もアーセナルペースで試合が進み、67分にまたしてもセットプレーから

サニャがヘディングシュートを決めて試合をほぼ決定付けます。エジルのキック

は不思議とゴールを産みますね。

 

このゴールの直後、ナチョ・モンレアルと宮市亮が投入されます。

注目の宮市亮ですが、正直言って中途半端なプレイが目立ちます。

特に守備面でのポジショニングが中途半端で、メルテザッカーにどやしつけ

られていましたね・・・。1回右サイドで見せ場を作ったシーンが有りましたが、

こういったプレイを継続していくことが重要でしょうね。

 

【試合結果】

アーセナル 3-1 ストーク・シティ

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2013年9月23日 at 8:19 AM

Categories: アーセナル, プレミアリーグ, 試合レビュー   Tags:

次ページへ »