スポンサード リンク

Posts Tagged ‘ドルトムント’

【2014/15 UEFAチャンピオンズリーグ第1節】ドルトムント戦 試合レビュー

 

シティ戦の疲れもあってか、アーセナルはこの試合精彩を欠きます。

ドビュッシー の長期離脱によるディフェンス層の薄さもありますが、

ドルトムントにいいようにやられて2失点・・・。

 

しかも、ポドルスキがレガースを失くして交代に手間取るという

失態もあり・・・。エジルから借りて試合には出場していますが、

ベンゲル監督はご立腹だった模様です。

 

 

【スターティングメンバー】

GK 1 ヴォイチェフ・シュチェスニー
DF 3 キラン・ギブス 4 ペア・メルテザッカー 6 ローラン・コシールニー 39 ヘクター・ベレリン
MF 8 ミケル・アルテタ 10 ジャック・ウィルシャー 11 メスト・エジル
16 アーロン・ラムジー 17 アレクシス・サンチェス
FW 29 ダニー・ウェルベック

 

【試合結果】

ドルトムント 2-0 アーセナル

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



スポンサード リンク

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2014年9月17日 at 7:34 PM

Categories: チャンピオンズリーグ, 試合レビュー   Tags:

【アーセナル】チャンピオンズリーグ ドルトムント戦レビュー


 

 

この試合で決勝トーナメント進出を決めたいアーセナル。

相手は、リーグ戦で調子を上げてきたドルトムントでした。

 

【スターティングメンバー】

GK 13 ヴォイチェフ・シュチェスニー

DF 4 ペア・メルテザッカー 5 トーマス・フェルマーレン 6 ローラン・コシールニー 11 アンドレ・サントス

MF 8 ミケル・アルテタ 16 アーロン・ラムジー 17 アレクサンドレ・ソング

FW 10 ロビン・ファン・ペルシー 14 テオ・ウォルコット 27 ジェルビーニョ

 

まずは、ドルトムントファンの迫力がすごかった!!ホームと間違えそうになるくらいの

声援でした。

 

前半はほぼ互角の展開も、ドルトムントのベンダーとゲッツェが相次いで負傷交代。

これでアーセナルにリズムが傾きます。

 

そしえ、後半に入ってファン・ペルシーが2ゴール!!後半ロスタイムに香川真司のゴールを

許すものの、勝利でグループリーグ突破を決めております。

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2011年11月25日 at 7:51 AM

Categories: アーセナル, チャンピオンズリーグ, 試合レビュー   Tags: ,

【2011/12チャンピオンズリーグ】ドルトムントvsアーセナル レビュー

 

苦しみながらも本戦出場を成し遂げたアーセナル。

初戦は、攻撃サッカーで昨年度のブンデスリーガを席巻したドルトムントが相手となりました。

 

【スターティングメンバー】

GK 13 ヴォイチェフ・シュチェスニー

DF 3 バカリ・サーニャ 4 ペア・メルテザッカー 6 ローラン・コシールニー 28 キラン・ギブス

MF 8 ミケル・アルテタ 14 テオ・ウォルコッ 17 アレクサンドレ・ソング 27 ジェルビーニョ 30 ヨッシ・ベナユン

FW 10 ロビン・ファン・ペルシー

 

 

立ち上がりからドルトムントがが高い位置でのプレスを仕掛けてきます。

アーセナルは、得意のポゼッションサッカーを展開できません。

ベンゲルがベンチ入り出来なかったのも響いたのでしょうか・・・。

 

5分 アーセナル ドルトムントディフェンスのもたつきをジェルビーニョが突いて、ボールを奪ってのシュートは外す。

 

5分 ドルトムント カウンターからレワンドフスキー→香川真司と繋がって、香川がスルーパス。これはディフェンスにカット

されるも、レワンドフスキーが拾って素早くグロスクロイツに繋いでシュートは外れる。

 

9分 ドルトムント 香川真司がオフサイドを気をつけながらも抜け出てシュートは浮かす。

 

12分 ドルトムント レワンドフスキーが抜け出てスチェスニーと1対1になるも、スチェスニーがセーブする。

 

ドルトムントは今シーズン不調ながら、攻撃にはやはり迫力がありました。

 

32分 アーセナル ベナユンのパスにファン・ペルシーが抜け出てシュートは外。

 

38分 ドルトムント ルカシュ・ピズチェクのクロスにレワンドフスキーが頭で合わせるも、スチェスニーがセーブ。

 

42分 アーセナル セバスティアン・ケールのパスミスを奪ったファン・ペルシーが、ウォルコットとのワンツーから

抜け出てシュートが決まる!!内容が悪いながらも、何とか先制点を奪います。

 

54分 ドルトムント マリオ・ゲッツェのパスにマルセル・シュメルツァーがシュートで反応するも外れる。

 

60分 ジェルビーニョがペナルティエリアでディフェンスに競り勝ってキーパーと1対1になるも、決めきれず。

 

75分 アーセナル ウォルコットに代えてフリンポンを投入。

 

80分過ぎからドルトムントの猛攻!!

そんな中で、84分にアンドレ・サントスが入り、アーセナルデビューを飾ります。

 

何とか逃げ切りたかったアーセナルですが、88分にフリーキックの場面で、跳ね返ったボールを

ヴァン・ペリシッチに決められて失点・・・。

 

結局は1-1で終了。アウェーですし引き分けも悪く無い結果ですが、内容が如何せん悪い。

ポゼッション出来なかったのは非常に心配です。

やはり、セスクの穴は大きいのでしょうか・・・。

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2011年9月15日 at 7:53 PM

Categories: アーセナル, チャンピオンズリーグ, 試合レビュー   Tags: ,