スポンサード リンク

Posts Tagged ‘ブラックバーン’

【2011/12 プレミアリーグ第24節】 アーセナル vs ブラックバーン・ローヴァーズ 試合レビュー

録画で見ようと思っていたら、先に結果を見てしまった・・・。

はっきり言って圧勝でしたね。

 

【スターティングメンバー】

GK 13 ヴォイチェフ・シュチェスニー

DF 4 ペア・メルテザッカー 5 トーマス・フェルマーレン 6 ローラン・コシールニー 39 フランシス・コクラン

MF 7 トマシュ・ロシツキー 8 ミケル・アルテタ 14 テオ・ウォルコット 15 アレックス・オックスレイド・チェンバレン 17 アレクサンドレ・ソング

FW 10 ロビン・ファン・ペルシー

 

1分 アーセナル コクランのパスを受けたウォルコットが中に折り返すパス、これをファン・ペルシーがシュートし

いきなりの先制弾!!

 

いきなりのゴールもあって、ブラックバーンはテンパッてしまって、プレスがなかなか決まりません。

 

19分 アーセナル ウォルコットが右サイドからパス。これはディフェンスにクリアされるも、ロシツキーが拾って

ボレーはディフェンスがクリア。

 

22分 アーセナル ロシツキーのミドルシュートはディフェンスにあたってコースが変わるも、ポール・ロビンソン

がセーブ。

 

31分 ブラックバーン ゴール前のフリーキックで、モアテン・ガムスト・ペデルセンの狙ったシュートが決まって同点に。

 

一瞬、最近の嫌な流れを連想させましたが、ここからがすごかった。

 

37分 アーセナル ソングのスルーパスにウォルコットが反応してセンタリング。これをファン・ペルシーが

合わせて2点目。

 

39分 アーセナル ファン・ペルシーがボールをキープして、前に走り込んでいたチェンバレンにパス。

チェンバレンはディフェンス・キーパーを交わしてゴールに流しこむ。

 

43分に、ガエル・ジヴェがファン・ペルシーに正面から両足タックルをかまして一発退場。

ただでさえ苦しい状況なのに、一層厳しくなってきます。

 

45分 アーセナル 右コーナーキックからアルテタ→フェルマーレンと繋がってシュートはポスト直撃。

 

50分 アーセナル コーナーキックのこぼれ球を拾ったアルテタがシュート。これが決まります。

 

53分 アーセナル 右サイドの展開から、ウォルコット→チェンバレンと繋がってゴール。

 

ブラックバーンは、完全にウォルコットとチェンバレンのスピードに翻弄されていました。

もうちょっと何とかならなかったものか・・・。

 

61分 アーセナル またしてもウォルコット→ファン・ペルシーのコンビでゴール。これでファン・ペルシーは

ハットトリックを達成しています。

 

この後、試合はまったりとしてしまいます。そんな中、ティエリ・アンリとサニャが投入されます。

 

93分 アーセナル 相手ディフェンスからアンリがボールを奪ってカウンター。ゴール前までドリブル

で持ち上がってファン・ペルシーとのワンツーで余裕を持ってシュート。ディフェンスに

当たりながらもシュートが決まります。

 

試合は7-1で圧勝。ちょっとまったりする場面があったものの、最後はアンリが締めてくれましたね!!

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



スポンサード リンク

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2012年2月6日 at 9:49 PM

Categories: アーセナル   Tags: ,

【2011/12 プレミアリーグ第4節】ブラックバーン・ローヴァーズvsアーセナル レビュー

 

現在最下位のブラックバーン相手に勝っておきたいアーセナル。

アンドレ・サントスが初スタメン、ジェルビーニョとソングが出場停止明けとメンバーは揃った中での試合でした。

 

【スターティングメンバー】

GK 13 ヴォイチェフ・シュチェスニー

DF 3 バカリ・サニャ 4 ペア・メルテザッカー 6 ローラン・コシールニー 11 アンドレ・サントス

MF 8 ミケル・アルテタ 16 アーロン・ラムジー 17 アレクサンドレ・ソング 23 アンドレイ・アルシャビン 27 ジェルビーニョ

FW 10 ロビン・ファン・ペルシー

 

 

2分 ブラックバーン デヴィッド・ホイレットがタッチラインぎりぎりのところからの鋭いクロスはスチェスニーがセーブ。

 

4分 アーセナル サニャのクロスにファン・ペルシーがヘディングチュートは外れる。

 

10分 アーセナル ソングがドリブルで中央突破からジェルビーニョにスルーパス。ジェルビーニョはポール・ロビンソン

の動きをしっかり見て落ち着いてゴールに流しこむ。

 

18分 ブラックバーン フリーキックから、サンバがフリーでヘディングシュートもミートできず。

アーセナルのセットプレイ時の守備がダメすぎる・・・。

 

21分 アーセナル ジェルビーニョが右サイドからドリブル突破からシュートはロビンソンがキャッチ。

 

ジェルビーニョはサイド一杯に張る場面が多く、サニャと被る場面が多かったですね。その辺が

今後のジェルビーニョの課題となるでしょう。

 

24分 ブラックバーン デヴィッド・ホイレットのスルーパスにヤクブ・アイェグベニが抜け出て、ワンタッチでコースを

変えるシュートがゴールとなる。アンドレ・サントスが一人残っていたためにオフサイドが取れずに

失点の要因となっていました。

 

34分 アーセナル ラムジーが右サイドに流れてきて、ドリブルから中に折り返すパス。これにアルテタがフリーで受けて

シュートを決める。

 

何とか2点を奪ったものの、相変わらずボールポゼッションが上手く行かず、ディフェンスではマークが外れたり

ラインがコントロールできなかったり・・・。ちぐはぐ感が漂っていました。

 

49分 ブラックバーン 右タッチラインぎりぎりのところからのフリーキック。中へのパスにソングが触ってしまい

オウンゴール・・・・。

 

53分 アーセナル サニャに代わってジュルーを投入。この交代の意図が判らなかったのですが、サニャのコンディション

の問題か、前記したジェルビーニョとの兼ね合いなのか?

 

58分 ブラックバーン コーナーキックから、ヤクブ・アイェグベニのゴールを許す・・・。これで逆転。

 

64分 アーセナル アルシャビン→ウォルコットに交代。

 

68分 ブラックバーン カウンターからマルティン・オルソンが上がってきてセンタリング。これをコシールニーが

処理を誤りオウンゴール・・・。この試合2点目のオウンゴールとなりました。

 

75分 アーセナル ソングに代わってシャマフを投入。

 

試合は84分に、ファン・ペルシーのクロスにシャマフがヘディングで合わせて1点を返すものの、

4-3でブラックバーンの勝利・・・。

 

戦犯を見つけるのは嫌なのですが、アンドレ・サントスがチームにフィットできていないのは明白で、

1点目の失点の場面を見ても分かる通り、ひとりライン統制が出来ていませんでした。

時間が経てば解決する話なのか・・・。

 

アーセナルはこれで早くも3敗目を喫しました。

 

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2011年9月18日 at 8:52 AM

Categories: アーセナル, プレミアリーグ   Tags: ,