[2015東アジアカップ]北朝鮮戦レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - [2015東アジアカップ]北朝鮮戦レビュー
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

 

ワールドカップ予選のシンガポール戦のトラウマが残る中、

フレッシュなメンバーで北朝鮮と対戦しています。

 

試合立ち上がりの3分、遠藤航のクロスを武藤雄樹が合わせて先制!

じゃない方の武藤と自虐的に話す武藤雄樹の、デビュー戦での初ゴール

で勢いにのるかとおもいきや・・・。

 

その後、川又堅碁がゴール前にフリーとなるものの、決めきれず。

この辺りから、北朝鮮はパワープレーに活路を見出します。

そして残り10分ほどのところで、ヘディングシュートで2失点・・・。

完全に槙野智章が競り負けるシーンを見て、フィジカルの強さの違いを

感じざるを得ませんでした。

 

ふと思い出したのが1996年のアジアカップのクウェート戦。

Jassem Al-Houwaidiという選手の高さにやられて、番狂わせとなったシーンを

思い浮かべました。あれから20年近く経過していますが、まだまだ課題を

克服出来ていませんね・・・。

 

 

【試合結果】

日本代表 1-2 北朝鮮代表

 

 

 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



スポンサード リンク