サッカーショップ加茂

Posts Tagged ‘ウズベキスタン’

【サムライブルー】超速報 ウズベキスタン戦

 

・・・結果を先に言うと、0-1でよもやの敗戦。

ホームでこれだけやりたい放題やられて負けるのは正直ショックです。

 

前半は割合日本のペースになるも、どうもコンビネーションが合いません。

ウズベキスタンは、遠藤保仁をきちっとケアしてつぶしにかかっていたので、日本のリズム

が生まれないという点もあります。

 

また、ハーフナー・マイクにボールが収まらず下がってしまう場面、藤本淳吾のボールロスト

場面が目立ちました。

 

一方の守備。プレスを掛けに行くも、するっと交わされる場面が多い。

本当に主力5人が出場停止のチームなのか?と思えるくらい、ウズベキスタンはうまかった。

 

失点の場面は、完全にサイドを崩されてのセンタリング。一度は川島永嗣がセーブするも、

こぼれ球をシャドリンに詰められての失点。

 

3次予選でこれだけ苦戦するとは思っても見なかったですね。

この試合の結果は、確実に最終予選の抽選に影響を及ぼします・・・。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



スポンサード リンク

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2012年2月29日 at 9:32 PM

Categories: サムライブルー, 日本代表   Tags: , ,

【サムライブルー】ウズベキスタン戦の招集メンバー発表。宮市亮の名前も!!


 

 

ワールドカップ・アジア3次予選 第6戦・ウズベキスタン戦の招集メンバーが発表されています。

 

GK:
川島永嗣 山本海人 西川周作

DF:
駒野友一 今野泰幸 栗原勇蔵 伊野波雅彦 長友佑都 槙野智章 内田篤人 吉田麻也

MF:
遠藤保仁 中村憲剛 長谷部誠 増田誓志 細貝萌 柏木陽介

FW:
藤本淳吾 李忠成 岡崎慎司 ハーフナー・マイク 乾貴士 宮市亮

 

病み上がりの本田圭佑を除いて、海外組もほぼ全員呼んでおります。

香川真司についても、コンディション次第では追加招集される可能性を残しております。

 

なんと言っても注目は、ボルトンの宮市亮でしょう!!チェルシー戦でも存在感ある動きを見せていますし、

この段階で試すのも面白いですね。

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2012年2月26日 at 11:09 AM

Categories: サムライブルー, 日本代表   Tags:

【サムライブルー】ウズベキスタンvs日本 レビュー

 

○2014 ブラジルワールドカップ3次予選 ウズベキスタン戦

 

苦しみながらも北朝鮮に勝利した日本。清武弘嗣の投入で一気にリズムが代わったため、

今回はスタメンで使うと思われていましたが、先発には阿部勇樹が入り、長谷部誠を一枚

上げるという布陣を引いております。

 

【スターティングメンバー】

GK: 1 川島永嗣

DF: 3 駒野友一 6 内田篤人 15 今野泰幸 20 吉田麻也

MF: 7 遠藤保仁 17 長谷部誠 22 阿部勇樹

FW: 9 岡崎慎司 10 香川真司 19 李忠成

 

【試合経過】

 

6分 日本 香川真司のドリブル突破から、長谷部誠にパス。長谷部はトラップからのシュートを試みるも、

キーパーがこぼしながらもキャッチ。

 

7分 ウズベキスタン カバーゼのミドルシュートはポストに弾かれる。

 

8分 ウズベキスタン 左サイドからゲインリフがクロス。このボールが内田篤人に当たってこぼれたボールは

今野泰幸がクリアも、ジェパロフが拾って放ったシュートがゴールに吸い込まれる・・・。

今野のクリアの中途半端さが悔やまれます。

 

12分 日本 駒野友一のクロスを岡崎慎司が落とすも、走りこんだ長谷部誠には合わず。

 

14分 日本 駒野のクロスに李忠成が頭で合わせるも、ネステロフがファインセーブで防ぐ。

 

17分 ウズベキスタン サイドチェンジのパスを受けたデニソフが、ダイレクトでセンタリング。これが

シュートになるも川島永嗣が弾く。

 

20分 日本 駒野がドリブル突破からシュート。長谷部誠が上手くブラインドになる動きをするものの、

ネステロフがセーブ。

 

左サイドの駒野友一が、攻撃面で大活躍。言っては悪いですが、ウズベキスタンの右サイドはザルでしたね。

攻撃面で気になったのは、遠藤保仁がドリブルする際に、ワンタッチ目が長く、相手に取られる場面が目立ちました。

怪我の影響ですかね?

 

守備面では、ウズベキスタンのサイドチェンジにタジタジ状態になっていました。

 

42分 ウズベキスタン ミスからのカウンタから、ジェパロフ→カバーぜと繋がる。ドリブルで内田篤人が交されて

ピンチを迎えるも、シュートは僅かに外れる。

 

ウズベキスタンが優勢で前半を終えます。

 

後半スタートから、阿部勇樹に代えて清武弘嗣を投入し、長谷部誠を元のポディションに下げます。

 

57分 日本 清武弘嗣のヒールパスを受けた香川真司がシュートは外。

 

60分 ウズベキスタン カバーぜがドリブル突破で今野を交わして、川島と1対1になるも、シュートは弱く

川島がセーブ。

 

65分 日本 内田篤人のクロスに岡崎慎司が超低空ダイビングヘッドで合わせてゴール!!

これぞ岡崎慎司というようなゴールでした。

 

66分 日本 李忠成に代えてハーフナー・マイクを投入。

 

67分 ウズベキスタン カウンターからジェパロフがフリーになるも、川島がカバーしてセーブ。

 

71分 日本 コーナーキックでショートコーナーを選択。パスを受けた香川真司が、クロスと見せかけて

シュートを放つも、ネステロフがセーブ。

 

74分 日本 清武弘嗣のクロスに、ハーフナー・マイクが高い打点で合わせるも、ネステロフがセーブ。

 

なかなかゴールが奪えない日本、駒野友一に代えて槙野智章を投入して逆転に打って出ますが、

ウズベキスタンの牙城を崩すことが出来ず・・・。

 

試合は1-1で引き分け。危ない場面が目立ちましたね。アウェーで貴重な勝ち点1という風潮

がありますが、アジア王者として勝ってもらいたかったのは事実。

 

次戦はホームでのタジキスタン戦。ここで得失点差という意味で優位に立つために大勝したいところでしょう。

 

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2011年9月8日 at 8:24 PM

Categories: 日本代表, 試合レビュー   Tags: ,