サッカーショップ加茂

Posts Tagged ‘ワールドカップ予選’

【サムライブルー】ウズベキスタンvs日本 レビュー

 

○2014 ブラジルワールドカップ3次予選 ウズベキスタン戦

 

苦しみながらも北朝鮮に勝利した日本。清武弘嗣の投入で一気にリズムが代わったため、

今回はスタメンで使うと思われていましたが、先発には阿部勇樹が入り、長谷部誠を一枚

上げるという布陣を引いております。

 

【スターティングメンバー】

GK: 1 川島永嗣

DF: 3 駒野友一 6 内田篤人 15 今野泰幸 20 吉田麻也

MF: 7 遠藤保仁 17 長谷部誠 22 阿部勇樹

FW: 9 岡崎慎司 10 香川真司 19 李忠成

 

【試合経過】

 

6分 日本 香川真司のドリブル突破から、長谷部誠にパス。長谷部はトラップからのシュートを試みるも、

キーパーがこぼしながらもキャッチ。

 

7分 ウズベキスタン カバーゼのミドルシュートはポストに弾かれる。

 

8分 ウズベキスタン 左サイドからゲインリフがクロス。このボールが内田篤人に当たってこぼれたボールは

今野泰幸がクリアも、ジェパロフが拾って放ったシュートがゴールに吸い込まれる・・・。

今野のクリアの中途半端さが悔やまれます。

 

12分 日本 駒野友一のクロスを岡崎慎司が落とすも、走りこんだ長谷部誠には合わず。

 

14分 日本 駒野のクロスに李忠成が頭で合わせるも、ネステロフがファインセーブで防ぐ。

 

17分 ウズベキスタン サイドチェンジのパスを受けたデニソフが、ダイレクトでセンタリング。これが

シュートになるも川島永嗣が弾く。

 

20分 日本 駒野がドリブル突破からシュート。長谷部誠が上手くブラインドになる動きをするものの、

ネステロフがセーブ。

 

左サイドの駒野友一が、攻撃面で大活躍。言っては悪いですが、ウズベキスタンの右サイドはザルでしたね。

攻撃面で気になったのは、遠藤保仁がドリブルする際に、ワンタッチ目が長く、相手に取られる場面が目立ちました。

怪我の影響ですかね?

 

守備面では、ウズベキスタンのサイドチェンジにタジタジ状態になっていました。

 

42分 ウズベキスタン ミスからのカウンタから、ジェパロフ→カバーぜと繋がる。ドリブルで内田篤人が交されて

ピンチを迎えるも、シュートは僅かに外れる。

 

ウズベキスタンが優勢で前半を終えます。

 

後半スタートから、阿部勇樹に代えて清武弘嗣を投入し、長谷部誠を元のポディションに下げます。

 

57分 日本 清武弘嗣のヒールパスを受けた香川真司がシュートは外。

 

60分 ウズベキスタン カバーぜがドリブル突破で今野を交わして、川島と1対1になるも、シュートは弱く

川島がセーブ。

 

65分 日本 内田篤人のクロスに岡崎慎司が超低空ダイビングヘッドで合わせてゴール!!

これぞ岡崎慎司というようなゴールでした。

 

66分 日本 李忠成に代えてハーフナー・マイクを投入。

 

67分 ウズベキスタン カウンターからジェパロフがフリーになるも、川島がカバーしてセーブ。

 

71分 日本 コーナーキックでショートコーナーを選択。パスを受けた香川真司が、クロスと見せかけて

シュートを放つも、ネステロフがセーブ。

 

74分 日本 清武弘嗣のクロスに、ハーフナー・マイクが高い打点で合わせるも、ネステロフがセーブ。

 

なかなかゴールが奪えない日本、駒野友一に代えて槙野智章を投入して逆転に打って出ますが、

ウズベキスタンの牙城を崩すことが出来ず・・・。

 

試合は1-1で引き分け。危ない場面が目立ちましたね。アウェーで貴重な勝ち点1という風潮

がありますが、アジア王者として勝ってもらいたかったのは事実。

 

次戦はホームでのタジキスタン戦。ここで得失点差という意味で優位に立つために大勝したいところでしょう。

 

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



スポンサード リンク

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2011年9月8日 at 8:24 PM

Categories: 日本代表, 試合レビュー   Tags: ,

【サムライブルー】ワールドカップアジア3次予選 日本vs北朝鮮 レビュー

 

○2014 ブラジルワールドカップアジア3次予選 第1戦 北朝鮮戦

 

台風の影響もあって、時折激しい雨と強風が吹き荒れる中で開催されたこの試合。

ただ、埼玉スタジアムはほぼ満員に埋まって、大切な初戦を迎えております。

本田圭佑の負傷離脱で注目された代役には、柏木陽介が起用されております。

【スターティングメンバー】

GK: 1 川島永嗣

DF: 3 駒野友一 15 今野泰幸 6 内田篤人 20 吉田麻也

MF: 7 遠藤保仁 17 長谷部誠 8 柏木陽介

FW: 19 李忠成 9 岡崎慎司 10 香川真司

 

試合は、日本のペースで進みます。

ポゼッションで言えば、60~70%の間で推移し、ボールをキープしながら徐々に北朝鮮ゴール

に進出します。

ただ、スコアレスドローを狙う北朝鮮が引いて守りを固める中で、シュートまで持ち込めません。

 

31分 日本 柏木陽介が中央から李忠成に浮き球パス。これを李忠成がバックヘッドで合わせるも

リ・ミョングッがセーブ。

 

33分 日本 香川真司→遠藤保仁→岡崎慎司とパスが繋がって、岡崎の落しに香川真司が中に切れ込んできて

シュートは僅かに外。

 

一方の北朝鮮の攻撃は、ほぼシャットダウン。要注意人物のチョン・テセは、今野泰幸と吉田麻也がしっかりと

抑えこんで、完封状態でした。

 

前半は、結局シュートの少ないまま終了。

 

ハーフタイムで、長谷部誠に攻撃に絡むようにという指示が飛んだのか、後半は長谷部が

積極的にボールに絡み出します。これによって、高い位置での攻撃ができるようになり、

シュートシーンが増えます。

 

そして、58分に柏木陽介に代えて清武弘嗣を投入。これが大正解で、清武はペナルティエリア

付近で香川真司と素晴らしいコンビネーションプレイを見せてくれます。

62分、63分にその香川・清武コンビから清武のシュートはゴールならずも、非常に良い攻撃でした。

 

68分、李忠成に代えて、緊急招集されたハーフナー・マイクを投入。

ハーフナー・マイクは初代表ですが、72分に香川真司のパスを受けてのシュートはバーに阻まれるも、

高さを生かしたポストプレイと積極的なシュートでインパクトはありました。

 

徐々に疲れが見えてきた北朝鮮。日本は85分を過ぎて怒涛の攻撃を見せます。

87分には長谷部誠のパスに岡崎慎司が飛び込むも惜しくも触れず。

 

チャンスはあるものの、ゴールが生まれないことで徐々に焦りが見えてきます。

後半ロスタイムは、怒涛の攻撃。特に92分あたりのコーナーキックからの連続シュートは

絶対入ったと思ったのですが、リ・ミョングッがスーパーセーブの連続。前半で足を痛めて

ダメっぽい感じだったのに、これだけイイ動きを見せるのか・・・。

 

ドローも覚悟していた中で、93分にショートコーナーから清武→長谷部→清武と繋げて

クロス。これを吉田麻也が合わせてゴール!!苦しみながらも何とかゴールを奪います。

いじられキャラの吉田は囲まれて手荒い祝福を受けていました。

 

試合は1-0で勝利。韓国戦で解消したように見えたゴール欠乏症が再発したのは気がかりですが、

重要な初戦を勝つことができたのは大きいです。

 

この試合で個人的に評価が上がったのが長谷部誠と清武弘嗣。

特に長谷部に関しては、ここ1,2年は守備面でバランスを取る役割をしていましたが、

攻撃的な位置でプレイさせるとチャンスを作れますね。今後も北朝鮮のように引いてくる相手には

後半のようなスタンスは非常に効果的でしょう。

 

2戦目はアウェーのウズベキスタン戦となります。

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2011年9月3日 at 7:58 AM

Categories: 日本代表, 試合レビュー   Tags:

【サムライブルー】ワールドカップ予選の対戦相手が変更に

 

 

まもなく迎えるブラジルワールドカップ アジア予選ですが、何と対戦相手であった

シリアが失格処分を受けております。

 

ザックジャパン、対戦相手変更…シリアからタジキスタンに

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110820-00000056-spnannex-socc

 

 

シリアが、2次予選の中で帰化選手を起用したのですが、その選手が過去スウェーデン

のオリンピック代表としてプレイしていたことが発覚。これで失格処分となっています。

 

よく年齢詐称で失格を食らう事象はありますが、ここまでしっかりと確認しておいて

この処分は厳しい気がしないでもないですが・・・。

 

繰り上がりでタジキスタンが対戦相手となります。FIFAランキングでは格下ではありますが、

難敵北朝鮮との対戦を避けれるわけではないので、あまり影響はないでしょうね。

 

さて、初戦である北朝鮮戦を迎えるに当たっては、ヨーロッパ組18人に招集レターが

配布されております。

9・2北朝鮮戦 香川、宇佐美、宮市ら19選手に招集レター

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/08/19/kiji/K20110819001444000.html

 

 

宮市亮、宇佐美貴史の招集に期待がかかりますね。清武弘嗣に負けてはいられないでしょうし。

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2011年8月20日 at 11:07 AM

Categories: 日本代表   Tags: