サッカーショップ加茂

Posts Tagged ‘東アジアカップ’

【東アジアカップ2013】韓国戦レビュー

 

ざっくりなレビューをお届けします。

 

スタメンは、中国戦と全く同じメンバー。オーストラリア戦で

活躍した豊田を見たかった気もしますが・・・。

 

【スターティングメンバー】

GK:12 西川周作
DF:3 駒野友一 5 槙野智章 16 栗原勇蔵 36 森重真人
MF:17 山口螢 28 青山敏弘 29 高萩洋次郎
FW:9 工藤壮人 11 原口元気 30 柿谷曜一朗

 

前半は韓国の猛攻に苦しみます。特に日本の右サイドを再三崩され、

ピンチの連続でしたが、なんとかしのぎ切ります。

 

そんな中、25分に韓国ディフェンスがラインコントロールを誤った中で

柿谷曜一朗がフリーとなって、冷静にゴールに流しこみ先制!!

 

その後も、日本はなかなかリズムを掴めません。そして、前半のうちに

ユン・イルロクにゴールを許して追いつかれます。

 

後半やっとボールが収まるうになるも、苦しい場面の連続。

引き分けも現実味を帯びた後半ロスタイム、カウンターから

原口元気がドリブルを仕掛けて、シュート。これはキーパーが

弾くも、ボールが柿谷曜一朗の前に転がってきて、これを

決めて決勝点!!柿谷はなにか持っている存在ですね。

 

課題は山積も、勝って東アジアカップを優勝できたのは

大きと思います。柿谷曜一朗が計算できる選手というのも

分かりましたし。

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



スポンサード リンク

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2013年7月28日 at 10:09 PM

Categories: サムライブルー, 試合レビュー   Tags:

【東アジアカップ2013】オーストラリア戦

 

あまり多く書くのもはばかられる状況ですが、ざっくりなレビューを

書いてみます。ザックジャパンだけに・・・。

 

【スターティングメンバー】

GK 23 権田修一
DF 35 千葉和彦 4 森脇良太 26 鈴木大輔 6 徳永悠平
MF 20 高橋秀人 31 扇原貴宏
FW 33 豊田陽平 14 山田大記 32 齋藤学 21 大迫勇也

 

 

試合は結局3-2で勝利したものの、またしても2失点・・・。

もちろん、メンバー的には全くの2軍であるのは間違いないですが、

それにしてもあっさり取られ過ぎ感があります。

 

一方、攻撃面では斉藤学が得意のドリブルから先制。最後のチップキックは

うまかったですね。今後も、大柄な選手が多いオーストラリアの選手には

斎藤のドリブルは有効的でしょう。

 

また、大迫勇也が2得点の活躍!!まさかのトップ下起用でしたが、

しっかり結果を残しましたね。ただ、相変わらずの覇気の無さはどうにか

ならないものか?

 

 

【試合結果】

日本 3-2 オーストラリア

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2013年7月25日 at 10:55 PM

Categories: 日本代表   Tags:

【2013東アジアカップ】中国戦レビュー

 

体調不良で、かなり朦朧とした状況でテレビ観戦していましたので、

気になったのみお伝えします。

 

【スターティングメンバー】

GK 12 西川周作
DF 3 駒野友一16 栗原勇蔵 5 槙野智章 36 森重真人
MF 28 青山敏弘 29 高萩洋次郎 17 山口螢
FW 30 柿谷曜一朗 9 工藤壮人 11 原口元気

 

3トップと書きましたが、実質は柿谷曜一朗の1トップ。

まだ落ち着かない状況で、4分に栗原勇蔵がユ・ターパオに

振り切られて、ペナルティエリア内でファールを犯しPK。

これを決められて、いきなりの失点・・・。

 

メンバーが大幅に変わる中、流石に連携面ではミスが多く、

山口螢-柿谷曜一朗のラインでなんとかチャンスを作るだけで、

ギクシャク感が強かった。特に、高萩洋次郎がほとんどボールに

絡めなく、ザッケローニ監督から再三指示を受けますが、修正出来ません。

 

そんな中、34分にセットプレーの流れから栗原勇蔵が決めて同点に。

 

そして後半、やっと柿谷曜一朗が本来の力を発揮して、59分に槙野智章

の低めのクロスに頭で合わせて代表初ゴール。その2分後に、今度は左サイドから

ドリブルで切れこんで、ディフェンスを引きつけた状態で、フリーの工藤壮人に

パス。工藤はこれを冷静に決めて2点差を付けます。

 

・・・ここからが問題なのですが、コンフェデレーションズカップを通じての

課題である守備面の不安がのぞかせます。サイドを崩される場面が多く、

ここから2失点・・・。駒野友一はザッケローニ監督下でも試合に出場経験が

あるにもかかわらず、どうにもできない感じでしたね。

 

 

多くの課題をつきつけられた中国戦。ただ、柿谷曜一朗は代表でも

ブレイクの兆しが見えましたね。

 

【試合結果】

日本 3-3 中国

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2013年7月22日 at 7:57 PM

Categories: サムライブルー, 日本代表, 試合レビュー   Tags:

次ページへ »