カテゴリー別アーカイブ: 過去データ

[JRA]2014/05/04 東京競馬 全レース能力指数 & スイートピーステークス

 

【2014/05/04 東京競馬 レース番組表】

1レース サラ系3歳未勝利
2レース サラ系3歳未勝利
3レース サラ系3歳未勝利
4レース サラ系3歳未勝利
5レース サラ系3歳500万
6レース サラ系4歳上500万
7レース サラ系3歳500万
8レース サラ系4歳上1000万
9レース 晩春ステークス
10レース オアシスステークス
11レース スイートピーステークス
12レース サラ系4歳上1000万

 

 

能力指数データはこちら・・・2014年5月4日東京競馬 能力指数

 

 

【メインレース予想】

スイートピーステークス

無題

 

◎ショウナンパンドラ

フラワーカップでは掲示板に乗ったものの、強烈な強さは感じませんでした。
このクラスならきちっと勝ってくれるとみて本命にしますが、あまり強調材料は
ありません。

 

○ベッラレジーナ

この世代でネオユニヴァース産駒はかなり期待されていました。
先週のサングレアルの強さはすごかったですが、この馬も母ベッラレイア
という良血ですし、いきなりの重賞挑戦でも力を発揮してくれるでしょう。

 

▲トシザキミ

牝系のデータでこのコースでパフォーマンスを上げると見ています。
父ジャイアントレッカーは力不足でありますが・・・。

 

△マリアライト

かなりスタミナを感じさせる血統だけに、このコースは合いそう。

 

 

【重賞データ】2012 ジャパンカップダート 近5年の傾向

 

今週末のJRA開催には、指数予想が復活できそうですので、

今しばらくお待ちくださいね。

 

さて、芝路線よりも熱いダート路線ですが、スマートファルコン引退で

戦国時代に突入しています。・・・といっても、仮に現役を続けていても、

ジャパンカップダートには出走しなかった可能性が高いのですが。

 

今回も2010年のデータがなく、阪神1800で開催された2008年以降の

データとなります。

 

【ジャパンカップダート 近5年の血統傾向】

 

あまりこれといった傾向は見られませんが、クロフネを除くダートリーディング

を争うような種牡馬の産駒が多いですね。また、特注としては父キングマンボ系

で母父サンデーサイレンスの馬が2頭(ヴァーミリアン、ゴールデンチケット)が

馬券に絡んでいますが、ヴァーミリアンの実績を考えると、パフォーマンスを

下げたという見方もできます。

 

 

【ジャパンカップダート 近5年のローテーション】

 

近5走のパフォーマンスはバラバラで正直傾向は掴めませんが、レース内容としては

先行馬+差し馬で決着しています。これは、トランセンドやエスポワールシチーといった

強い先行馬が前を掃除して、その後を差し馬が飛んできた、というイメージです。

今年もトランセンドとエスポワールシチーが出走予定ですが、そうなると好位で控えて

競馬できるローマンレジェンドが有利なのかも。

 

 

【JRA G1】 2012 第32回 ジャパンカップ 予想

 

週初めにお知らせしたとおり、今週は指数の公開はお休み

しております。データのみでジャパンカップを予想してみます。

 

【ジャパンカップ 近5年の血統傾向】

2010年のデータが飛んでいますね・・・。スミマセン。

意外とサンデー系の馬が連対しておらず、ロベルト系の方が

優勢というデータが残っています。また、勝ててはいませんが

昨年はトニービン系のジャングルポケット産駒が2・3着に入って

おり、スタミナ系の馬が強いですね。

 
【ジャパンカップ 近5年のローテーション】

目立つのが、近走ベストが天皇賞春の馬。勝てないのですが、

かなりの割合で馬券に絡んでいます。あとは、凱旋門勝利馬は

最近勝てなくなっているのも注目。あのモンジューでも勝てなかった

のですから、明らかに馬場差があるということでしょう。そうなると、

ソレミアにとっては厳しいデータではあります。

 

 

◎エイシンフラッシュ

前走の天皇賞秋で、なんとダービー以来の勝利を挙げています。

内差しでラッキーな部分もありましたが、あの脚は素晴らしいものがありました。

本命に選んだポイントは、なんと言っても血統。ジャパンカップの海外馬で

よく馬券に絡むのはキングマンボ系。最近で言えばアルカセット、日本馬でも

ローズキングダムが勝利しており、注目の血統となっています。この馬も

キングスベスト産駒ですし、ダービーを勝った舞台というのもあって本命にします。

 

○ルーラーシップ

天皇賞秋は最後方からレースを進めて、勝てなかったものの最後は追い込んで

見せ場を作りました。この馬もキングカメハメハ産駒なのでキングマンボ系であり、

しかも母父はトニービンとなれば、血統的には一番推奨できる馬です。

 

▲オルフェーヴル

間違いなく実力No1なのですが、凱旋門賞の最後のよれ方が非常に気になって

おります。確実に疲労しており、海外帰りの秋3戦目というのが気になります。

ソレミアにはリベンジは果たせると思いますが、勝つかというと・・・。

 

△ジェンティルドンナ

近年はウオッカ、ブエナビスタという強い牝馬が活躍するのが、ジャパンカップの

傾向となっており、そういう意味では三冠馬であるジェンティルドンナにもチャンスが

あるかも。

 

△スリプトラ

外国馬で買うとすればこの馬。ダンチヒ系のOasis Dreamの産駒で、ヴィジャボード

に似た感じがしますので、一応買ってみます。