メルカリを使いこなせる!メルリサーチを有効活用しよう

Pocket

昨今流行した言葉として、断捨離があります。

他断捨離とは、元々はヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)から来ている言葉です。

断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。

をベースとして、モノを立つことでより効率よく生活することができるのが魅力的です。

断捨離を行うと、どうしても不用品が多くでてきます。

ただ捨てるだけだと、処分費用もかかりますよね。

 

そこで、不用品は処分ではなく売ることで、お金にもなりますしリユースという観点でも有効的です。

不用品は、如何に効率よく、かつ高値で売れるかが重要なポイントです。

そこで紹介したいのが、メルリサーチというツールです。

このツールを使用すれば、適正価格で取引することができます!

 

 

■今のトレンドはメルカリなどのフリマアプリ!

不要品を処分する方法はいくつもありますよね。

最もポピュラーなのが、リサイクルショップです。

ハードオフなどが有名で、よほど悪いコンディションでなければ買い取っていただけます。

また、店舗によっては、自宅まで出向いての出張買取サービスや、ダンボール箱に不用品を詰めて送るだけで見積もりと買い取りを行ってくれるサービスもあります。

ただ、基本的には買取価格が安いケースが殆どで、処分するよりは買い取ってもらった方が良い!というレベルとなっています。

 

一方で、個人売買による不用品のやり取りもできます。

売りたいというニーズとほしいというニーズがマッチすれば、個人間で売買することでより高値で販売できるケースがあります。

ただ、売り先を見つけるのは非常に困難なので、オークションサービスやフリマアプリなどを利用して売ることになります。

以前は、オークションサービスが当たり前のように活用されていたのですが、ここ数年で爆発的な伸びを見せているのがフリマアプリです。

 

 

■フリマアプリとは一体何?

では、フリマアプリとは一体どのようなものなのでしょうか?

フリマとは、フリーマーケットの略語です。

フリーマーケットは、まるで自分は小売店になったかのように、自分で商品の価格を設定して、誰にでも販売できるものです。

昔からこの手法はあり、例えば公園などを貸し切って大規模なフリーマーケットが今でも盛んに行われています。

また、利用者もお得に商品を購入できるとあって、多くの人で賑わうイベントです。

 

フリーマーケットの場合は、基本的に集客力が売れるポイントとなります。

いくら魅力的な商品を取り揃えていても、人が集まらなければ意味がありません!

また、出店するには諸手続きが必要ですし、当日商品の陳列も行う必要があります。

更には、常時開催されているイベントではないので、頻繁に不用品を売りたい方には向きません。

 

そこでおすすめしたいのが、フリマアプリです。

フリマアプリは、端的に言えばオンライン上で行われるフリーマーケットです。

サービスの中で商品を出品することができます。

基本的に、そのサービスを利用している方であれば誰でも購入することができます。

よって、全国、極端に言えば全世界のユーザーがその商品を見る可能性があります!

これにより、より販売できる間口が広いのが特徴です。

 

基本的に、フリマアプリでは自分の設定した価格で売買することになります。

オークションサービスのように、出品価格を設定して入札によって価格が上がっていくわけではなく、あくまでも最初に設定した価格で取引することになります。

 

 

■特にメルカリがオススメ!

フリマアプリは、ここ数年で爆発的にユーザーを伸ばしているジャンルです。

その理由としては、手軽に行える点があります。

例えば、オークションサービスですと複雑な利用料金形態となっているので、実際に出品して落札されてもそのとおりの金額を得ることができません。

また、月々の会費などのランニングコストもかかってしまいます。

その点で、フリマアプリは料金形態が非常にわかりやすいのが特徴です。

 

特に、その中でもメルカリが高い人気を誇っています

 

メルカリとは、スマートフォンの機能を存分に活かして、手軽にフリマを楽しむことができるアプリです。

テレビCMも放映されており、人気となっていますよね!

メルカリの特徴としては、まずは簡単に出品できる点があります。

 

スマートフォンに内蔵されているカメラを使用して、その場で商品の撮影を行います。

また、その写真を即座にアップロードして、商品紹介に利用することができます。

この動作を、メルカリのアプリ上で行うことができるのが良いですね。

出品時には商品を紹介する文章を作成しなければなりません。

スマートフォンですと、長文を入力するのは結構大変なものですが、メルカリではテンプレートを用意しているので簡単な項目のみを入力するだけで出品完了します!

これなら、機械音痴な方でも簡単に出品までできますよね。

 

実際に商品を出品すると、次に気になるのが売れるかどうかです。

その点も、メルカリでは圧倒的なユーザー数を誇っているので、目につく機会が多いのです。

また、アプリでは簡単に購入しやすいようにボタン一つで購入できる機能を用意しています。

商品出品数が多いので、更に人が集まって相乗効果で売れる可能性が高まります。

 

他にも、メルカリでは様々な支払い方法を用意しています。

クレジットカード支払いにも対応していますので、少々高額である商品でも売れる可能性が高いのです。

更に、メルカリでは出品して売れた代金をそのまま購入費用に充てることも可能です!

不用品を売って、新しいものに買い換えるという使い方もできますね。

 

いざ商品が売れると、実際に商品を引き渡さなければなりません。

メルカリでは、そのやり取りも基本的に仲介していただけます。

特に、トラブルの元となるお金のやりとりは、メルカリがしっかり仲介していただけるので、安心して行うことができます。

また、基本的に出品者の身元は明かされないので、プライバシーの保護もしっかりできているのです。

これなら、安心して出品することができますよね!

 

メルカリでは、これらの非常に便利なサービスを無料で行うことができます!

もちろん、会員登録料・月会費・カード手数料もタダですので、思う存分利用することができるのです。

これも、メルカリが高い人気を誇っている所以です。

 

 

■重要なのは価格設定!

メルカリは、ユーザー数が多いので出品すれば売れる可能性が高いサービスです。

ただ、ユーザー数が多いということは、その分だけ出品数も多いのです。

これにより、自分が出品しようとしている商品が既に多数出品されている可能性があります。

その中で、如何に自分の商品が魅力あるものであるかをアピールする必要があります。

 

また、基本的にフリマの場合はリーズナブルな価格で販売するのが一般的ですが、その中でより高値で販売したいものです。

いくら売れても、価格的に安ければもったいないと感じてしまうものです。

そこで、出品価格の設定も重要な要素になります。

高く設定すれば、その分だけ儲けも大きくなるのですが、購入されない可能性も高くなります。

 

今現在の市場価値をしっかりと調査して、その市場価格に似合った出品額とするべきです!

ただ、市場価格を調査するのって実はとても大変なのです。

そこで、手軽にメルカリの出品価格を調査できる、そして今売れているものを調べるのに便利なのがメルリサーチというツールです。

 

 

■メルリサーチとは一体どのようなツールなの?

 

では、メルリサーチとは一体どのようなツールなのでしょうか?

メルリサーチは、無料で使用することができるメルカリの分析ツールです。

 

分析と言っても、難しい分析を行うわけではなく価格の調査を簡単に行うことができます。

では、ここではメルリサーチの主な機能と活用方法について紹介します。

 

メルリサーチには、基本的には機能として1つしか存在していません。

トップページ左側にメルカリ 売り切れ商品検索という機能があり、この機能がメインとなります。

 

ここに、調査したい商品名を入力します。

例えば、チェックシャツを出品したい場合、キーワードにチェックシャツと入力します。

また、カテゴリーを限定したい場合は、カテゴリーを設定します。

カテゴリーにはメンズやレディースなどもあるので、男性向けのアイテムであればメンズを設定します。

他にも、価格を限定したい場合は最低価格と最高価格を、除外したいアイテムが有る場合は除外キーワードを設定します。

ここでは、なるべくカテゴリーなどを限定したほうが、検索結果の表示も早く行えますし、分析する際にも容易に行なえます。

 

他にも、直近の出品トレンドを知りたい場合は、検索対象期間を短くすることが可能です。

逆に、あまり出品されないニッチなアイテムの場合は、期間を広めに設定することも可能です。

 

今回は、メンズのチェックシャツということで検索しました。

その結果がこちらです。

 

この結果一つとっても、様々な分析ができますよね。

まずは、チェックシャツというファジーなジャンルですと、出品数がとても多いということです。

例えば、チェックシャツというだけなら28件の販売数がありますが、出品する際にはもう少しブランド名なども具体的に明記したほうが良いでしょう。

また、価格帯も最低500円から最高で22,000円と、非常に広いですね。

 

逆に、検索順位2番め以降は具体的なブランド名が記載されています。

メルリサーチでは、検索結果をソートする機能があります。

例えば、最も高い金額のチェックシャツはどれか?という検索を行った結果がこちらです。

 

この結果から、やはり高級ブランドのアイテムが並んでいることがわかります。

また、価格帯を見るとフリマのレベルを超えた価格での販売を可能と言えます!

他にも、メルリサーチでは大手オンラインショッピングモールがこの商品をどの程度の価格で販売しているかをチェックできる機能があります。

対象は、amazonと楽天市場、ヤフーショッピングとなります。

単純に商品名を検索するだけの機能ですが、あるととても便利ですよね!

 

これらの検索結果から、適正価格を調査して出品して販売することで、よりお得に販売することができるのです!

また、これは不用品の販売だけに活用するだけでは非常にもったいないです!

十分ビジネスとして成り立つツールなのです。

 

例えば、今売れている商品をチェックして、その商品を仕入れるルートを確保して、格安で仕入れてそれをメルカリで販売するというビジネスモデルがあります。

これにより、お小遣いを月数万円アップさせることも可能です。

 

 

■メルリサーチの登録方法は?

メルリサーチはとても便利なツールであることがご理解いただけたかと思います。

ただ、メルリサーチを利用するためには会員登録が必要です。

実は、メルリサーチは月額3,980円かかるサービスなのですが、その魅力的な機能を多くの人に使用してほしいために、何と無料で利用することができます!

 

また、いきなり課金がスタートする…というわけではありません。

基本的に、今の利用者は無料で使い続ける事ができますし、課金されるようになった場合でも事前にアナウンスがあることでしょう。

ただ、あまりにお得なキャンペーンであるが故に、突然キャンペーンが終了するという可能性は捨てきれません。

よって、登録するなら今すぐがおすすめです。

 

では、具体的な登録方法を紹介します。

まずは、以下登録ページに進みます。

アドレス:http://merresearch.net/l/lp/

 

ページ中程に進むと、以下の申請フォームがありますので、メールアドレスを入力して登録ボタンを押しましょう。

 

登録すると、内容の確認ページに進みますので、メールアドレスに間違いないことを確認して、登録するボタンを押します。

仮に間違っている場合は、正しいメールアドレスを入力し直しましょう。

 

登録が完了すると、登録したメールアドレスに仮登録案内メールが届きます。

このメール内に、本登録を行うためのアドレスが記載されているので、リンクをクリックしてください。

 

リンクをクリックすると、登録するかどうかの最終確認がありますので、登録するを選択してください。

これで、メルリサーチへの登録が完了します。

ただ、この状態ではパスワードは仮設定の状態となっています。

 

まずは、登録後に配信される「メルリサーチへようこそ」という件名のメールをチェックします。

メールには、「メルリサーチのパスワード再設定リンク」があるので、クリックしてください。

 

クリックすると、以下のページが開きますので、登録したメールアドレスを入力してパスワードのリセットボタンを押します。

 

 

その後、パスワードをリセットするためのメールが配信されるので、リンクを開くと以下のページが表示されます。

 

パスワードは4文字い以上の任意のアルファベット、数字により設定します。

ただ、セキュリティの関係上誕生日などの安易なパスワードの設定はやめましょう。

また、他のサイトと同じパスワードの使い回しも危険ですので、なるべくオリジナルのものを設定しましょう。

パスワードの変更を行えば、あとはログインするだけでメルリサーチの利用を開始できます。

 

 

■こんな便利なツールを使わない手は無い!

いかがでしたでしょうか?

メルリサーチは、本来は有料で提供されているものが無料で利用することができます。

その便利さには驚かされるばかりであり、使い方次第ではビジネスシーンでも活用可能です。

是非メルリサーチに登録して、不用品をお得に処分してほしいですね。

 

 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*