ゴールドカードを作っちゃいました!

Pocket

 

最近、ポイントサイトでもクレジットカード案件が多く見られますよね。

中には、数万円をゲットできちゃう美味しい案件も多いのですが、以前より模索していたゴールドカードを発行してみました。

 

 

最終的に選んだのは三井住友VISAゴールドカード!

どのゴールドカードを作ろうか?というところからスタートしたのですが、評判を見ているとdカード GOLDが最もお得なようです。

実際に、ポイントサイトの広告でも非常に高い還元率に設定されています。

どこ得?さんで検索すると、以下のような結果となります。

 

トップのすぐたまで、何と20,500円分のポイントゲットできます!

すごすぎですが、dカード GOLDが最も美味しいのは、docomoユーザーです。

何と、ケータイ料金とdocomo光の料金支払いで使用すれば、10%のポイントバックがあるのです。

 

これは魅力的ですが、残念ながら私はauユーザーなので…今回の検討対象からは除外しました。

 

そこで、総合的に鑑みて選択肢たのが、三井住友VISAゴールドカードです。

 

 

選んだポイントは?

では、三井住友VISAゴールドカードを何故選んだかと言うと、ホテルの割引サービスが有るためです。

三井住友VISAゴールドカードでは、Reluxというホテル予約サイトで3,000円の割引を受けることができます!

 

Reluxは、一流ホテルのみ取り扱うサービスですので、庶民的なホテルは残念ながら掲載されていません。

ただ、地域によっては非常にリーズナブルなホテルも掲載されており、3,000円引きを利用するととてもお得に宿泊できます。

まあ、今まで少し高くて宿泊するのを躊躇していたホテルも、このサービスを利用すれば泊まりやすくなるので、とても意義のあるカードと言えます。

 

 

カード発行はスピーディー!

三井住友VISAゴールドカードを発行する事になり、早速ポイントサイトを検索すると、i2iポイントが最もお得でした。

i2iポイントでの募集要項は、以下となっています。

 

カード発行で15,600円分のポイントゲットです!

ちなみに、この広告ではゴールドカード以外の一般カードでもこの還元率が適用されています!

 

そこで、早速カードを申込んでみました。

申込みは、インターネット経由でサクサクと進みました。

過去、クレジットカードは何度か作成した経験がありましたが、必ず最後に運転免許証などの身分証明する書類の提出をしていました。

ただ、今回は銀行口座の登録のみで完了して、少し拍子抜けしました…

 

申込んだのが23日夜中だったのですが、何と審査完了したのが翌朝10時過ぎでした。

 

これだけ見ると、審査に通過したのかどうかがはっきりわかりませんでしたが、どうやら合格のようです!

こちらも、通常であれば会社への在籍登録などもあると覚悟していたので、ちょっとびっくりでした。

28日時点でまだカードは届きませんが、届いたら早速使いたいですね。

 

今回の経験を通じて、ゴールドカードは敷居が高いイメージがあったのですが、恐れるに足らずという事がわかりました!

カードを所有してみたい方は、是非とも発行手続きしてみてください。

 

 

i2iポイントはプロフィール追加登録でポイントゲットできる!

i2iポイントでは、様々なコンテンツでポイントを獲得できるのですが、その中でもプロフィール登録だけでポイントをゲットできるのが魅力的です。

また、既にi2iポイントに登録されている方も、追加プロフィール登録で1,000ポイントゲットできる追加質問が登場しました。

 

i2iポイントはポイント還元率の高いサービスですが、それは電話認証を前提としたものとなります。

電話認証はプロフィール登録とセットで、必ず行っておきましょうね。

 

i2iポイントでは、業界初のベストポイント制度で業界最強額のポイントをゲットできるサービスです!

まだ登録されていない方は、以下バナーより登録いただくと1,000ポイントゲットできますよ!

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!

 

 

 

[追記]

4月29日に無事カードが到着しました!

 

ゴールドカードらしく、ゴージャス感があってかっこいいですね!

 

 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください